【FXスプレッド徹底比較】FX業者の選び方とおすすめランキング

通貨ペアの多さ「チャンスは多い方がいい!」

 

通貨ペア(FXスプレッドナビ「徹底比較で損しないFX業者教えます」)

FX業者ごとに、扱っている「通貨ペア」の種類に違いがありますが・・・

 

一般論で言えば、通貨ペアの種類が多いFX業者を選んだ方がいいです。なぜなら、それだけチャンスが増えるからです。

 

例えば、「米ドル/円」がエントリーのチャンスじゃなくても、「ユーロ/円」はエントリーのチャンスだったりすることがあるじゃないですか?

 

そんな感じで、通貨ペアの種類数が多ければ、いつも何らかの通貨ペアで稼ぐチャンスがあるってことです。

 

 

ただし・・・

 

 

例えば「米ドル」と「カナダドル」など、いつも似たような動きをする通貨では、テクニカル指標のシグナルが出るタイミングもほぼ同じじゃないですか?

 

つまり、いつも同じようなタイミングでトレードすることになるので、必ずしもチャンスが倍増するわけではありません。また、同じような動き方をするので、「米ドル」と「カナダドル」に資金を分けてトレードしたからといって、リスクの分散にはなりません。

 

このようなケースでは、むしろ「米ドル」だけに絞ってチャートをチェックする方が、合理的だし稼げます。

 

そういう意味で、通貨ペアの数が単純に多ければいいというわけではないということが分かっていただけるかと思います。

 

 

FX業者を選ぶ際には、「通貨ペアの種類」は重要なチェックポイントです。ですが、それだけにこだわっても意味がありません。他の要素を比較したうえで、最終的な判断材料として、「通貨ペアの種類」をチェックするということで考えてください。

 

 

ワンポイントアドバイス

 

通貨ペアで代表的なのは次の6つです。

 

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • フラン/円(CHF/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)

 

この6つの通貨ペアについては、毎日チャートをチェックするようにしましょう。特に初心者のうちは、この6つの通貨ペアに絞って、チャートの動き方を徹底的に研究することをおすすめします。

 

できれば、過去5年くらいのチャートを見ながら、「サイコロジカル」などの代表的なテクニカル指標との相性について研究するといいです。そういう研究をしていくことで、どんな相場でも判断を間違えないスキルが身につきます。

通貨ペアの多さ「チャンスは多い方がいい!」関連ページ

1.手数料
2.サーバーの強さ
3.ハイレバレッジ
4.取引ツール